2009年12月10日

狼と香辛料 第2期 第5話 狼と希望と絶望

狼と香辛料 第2期 第5話 狼と希望と絶望

 空売り取引をアマーティと交わしたロレンスは黄鉄鉱の現物を確保するため錬金術師のものを買い取るべくバトスのところに行く。バトスを説得し、女錬金術師ディアナにあう合言葉を教えてもらう。それは「白い羽をしまう箱を買いに来ました。」というものだった。

 合言葉でディアナと会うことが出来たロレンスはすでに錬金術師の黄鉄鉱は買い付けられたことを知る。銀貨400枚分の黄鉄鉱をすでに掛売りされていた。しかし現物を動かしていないので買い戻してロレンスに売ってもよいという。ロレンスは相場の倍でなければ高値で買い付けるという。ディアナは了解し、交渉は自分で行い、明日連絡するという。別れ際、異郷の神と人とが番になったという話はあるかと訊く。ディアナはたくさんあると答える。
 
 市場に戻ったロレンスはマルクのところでマルクが銀貨370枚分の黄鉄鉱を押さえることが可能だと教えてもらう。町商人の中には黄鉄鉱を買ってしまって、売るに売れない状況になってしまっているものがいるということだった。

 翌朝、ロレンスはマルクの使用人ラントに小遣いを渡す。市場の黄鉄鉱の相場は買い一辺倒で下がる気配はなかった。朝の市場でロレンスはホロを連れたアマーティと会う。アマーティは金貨14枚(銀貨300枚)をロレンスに渡す。
ロレンスは銀貨300枚分の黄鉄鉱の契約書をアマーティに渡す。
市場の鐘が鳴り響き、今日の市場が開かれた。

次回 第6話 「狼と信ずべき神」

 いやーロレンスはがんばりましたね。一通りの手配は済ませたものの相場は下がる気配がない。心配ですね。市場にホロをつれてきたアマーティは自信満々です。ぐらつくロレンス。
もっとホロを信じたらどうだろう。

公式サイト http://www.spicy-wolf.com/

よろしければポチッと押してください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村










 
 
 
posted by 金色のねこ at 03:39| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。